連日の雨でしっとりとした森。

苔の緑が鮮やかで、生き生きとした表情。

苔の美しさは屋久島の森の醍醐味。

そして、今日の森も雨が降る。

苔にしずくがつき、さらに美しい森へ。

しずくを見ていると、絵本の《しずくのぼうけん》を思い出す。

このしずくが水のぼうけんの始まり。

雲から雨のしずくが屋久島の森へ。

落ちたところは苔の上。

しずくは、ぽとりと落ちてトロッコ横小川の中。

仲間のしずくと楽しく下っていく。

小川が集まって、さらに大きな安房川。

ダイナミックな川の旅。

大きな花崗岩を横目に海に到着。

水蒸気となって始まりの雲へ。

そして、また雨のしずくとやって屋久島の山に帰ってくる。

そんな妄想しながらしずくに想いをはせる。

森の中では、一つ一つにストーリがある。

想像するだけで面白い。

今日の旅も楽しい一日だった。

 

2018.7.7 アペルイガイド福元やっくん

 

今日の苔「ジャゴケ」

大きく平べったい葉、蛇のうろこのような模様が特徴的な苔。

日本全国に分布。和名である「蛇苔(ジャゴケ)」は見た目の蛇のうろこのように見えることから名づけられた。

指でこするといい香りがするのも特徴的。

雌雄異体であり、繁殖は雄は雄器托、雌は雌器托を葉状体の先端に作ります。

特徴的なのはジャゴケは無性芽を付けません。

ヒメジャゴケは無性芽をつけますが、ジャゴケは雄器托と雌器托による繁殖になります。