夏のシーズンに突入したのか朝から大にぎわいのシャトルバス乗り場。

臨時便のシャトルバスも出たようで、いよいよ夏のシーズンがやってきなと感じる瞬間。

山の空気と日差しも同じように夏を感じさせてくれた1日でした。

山の花たちも入れ替わり、ヒメシャラやヤマボウシなど白い花が目立つ森。

特にヒメシャラの花は足元に散り、可愛く彩ってくれています。

初夏のさわやかな風も気持ちがいい屋久島の森。

最後は川の近くでリラックスタイム。

気持ちの良い清流が疲れを癒してくれます。

時間があればザブン!と飛び込みたくなるぐらい。

これからの夏が楽しみだー!

 

 

2018.7.10 福元やっくん

 

今日の花「サツキ」

サツキは常緑の低木。関東地方以西の本州のほか、屋久島に隔離分布しています。

日当たりがよく、増水すると水没してしまうような川沿いなどに自生しています。

開花期は5月下旬から6月上旬で、ヤマツツジなどよりも1か月ほど遅く咲きます。

園芸用に乱獲されたほか、河川の護岸工事、ダムの建設によって生育地が少なくなり、絶滅が懸念される植物の一つです。
江戸中期にツツジのブームがあり、数多くの園芸品種が作出されました。

これらをおおまかに区別するために、4月から5月中旬に開花するものを「つつじ」、5月下旬から6月上旬に開花するものを「さつき」と呼び始めたそうです。