今年で三度目。屋久島の魅力に魅せられた大阪からお越しの男性とマンツーマンで太忠岳トレッキングへ行ってきました。

しかし、太忠岳の天誅石は何度見てもしびれるぐらいカッコいい。

巨石好きにはたまらないこの姿。

天にそびえる姿は、一度登ったら病みつきになります。笑

ヤクスギランドからの天文の森。太忠岳。

森の雰囲気も苔むし、時代を感じることができる切り株が多数。

江戸時代の伐採からの再生する森の姿も神秘的。

なにより、のんびり登れるのが太忠岳のいいところ。

今回は、歩く時間と休憩時間が同じくらいになるほどでした。

特にお昼寝の時間は最高!

山登りの醍醐味は、昼寝の時間ではないかと最近ひそかに感じています。

まったりタイム最高です!

太忠岳のすばらしいところは、時代を感じられるところ。

山岳信仰が盛んな屋久島。

ほこらには寛永通宝があったりします。

江戸時代からお参りに来ていた証拠ですね。

屋久島の人々は、山と共に生きている。

今回参加いただいた方も貴重な体験ができた!と喜んでいただけました。

屋久島には、縄文杉や宮之浦岳以外にも面白いフィールドがまだまだあります。

みんなで遊びに行きましょ!

 

「寛永通宝」

寛永通宝(かんえいつうほう)は江戸時代の通貨の一。

円形で中央に方形の穴があり、表に「寛永通宝」と刻し、裏に鋳造地の頭字などを刻したものもある。

一文銭は径約2.3センチメートル、銅銭と鉄銭とがあり、1636年より1862年まで鋳造され、明治になって一厘として通用。

四文銭は径約2.8センチメートル、裏に波模様を刻し、銅銭と真鍮しんちゆう銭とがあり、1768年より1868年まで鋳造された。

ほかに十文銭も一時鋳造されたがほとんど使用されなかったよう。