最新投稿

昆虫
0

ヤンバルトサカヤスデ

ヤンバルトサカヤスデ 体長は2.5-3.5cm。日本では外来種であるが、在来種のヤスデよりも大型です。 台湾原産で1983年ごろに沖縄へ侵入後、生息域を北上させ、神奈川県(2005年)や埼玉県、静岡県...

0

ヤクシマヒメアリドオシラン

ヤクシマヒメアリドオシランン(屋久島姫蟻通蘭) 屋久島で見つかったことからヤクシマの名前がついていますが、本州以南に点々と分布する多年草です。 6月~8月にかけて可愛らしい白い花をみることができます。...

草木たち
0

ヒナノシャクジョウ

ヒナノシャクジョウ(ヒナの錫杖) 林内の湿った落葉の間に生える葉緑素を持たない小さな腐生植物です。 仲間にはギンリョウソウ(銀竜草)などがいて菌類へ寄生し栄養を得て成長する。 全体的に白っぽく草丈は3...

0

ケイビラン

ケイビラン(鶏尾蘭) 山頂の岩の割れ目などに生育している多年草で茎の先に吊り鐘形の白色の花が円錐状についている。 和名のケイビラン(鶏尾蘭)の由来は、葉の曲がった感じが雄鶏の尾の感じに似ていることから...

ヘビ
0

ヒバカリ

ヒバカリ 平地から低山の森林に生息し、水辺を好む。 うっすらと明るい時間帯に活動傾向が強いが、雨天時には昼間も活動する。 危険を感じると首をあげて威嚇する。⬇️⬇️⬇️ 基本は10- 翌4月に冬眠する...

0

コスギゴケ

コスギゴケ やや乾燥する日当たりは少しある程度の場所に育ち、森林の中に育つことは少ない。採取すると群落はバラバラに別れる。コスギゴケの群落は、長期間に渡って存続することは少なく、やがて他のコケが優勢と...

沢登り
0

ニホンカナヘビ

ニホンカナヘビ 海岸近くの平地から1,000m以上の山地まで広く生息する。 一般的には平地から低山地帯の範囲に多く、森林内よりも草地や林縁部でよく見られ、生垣や植え込みなど緑の多い郊外の宅地や雑草の茂...

沢登り
0

チャイロマイマイ

チャイロマイマイ 屋久島の平地川でチャイロマイマイに出会いました。 調べてもなかなか情報のないミステリアスなマイマイです。 新情報は追って追加します! チャイロマイマイ 腹足網 有肺亜網 柄眼(マイマ...

0

オオシラガゴケ

オオシラガゴケ 山道脇の急斜面や谷筋などに生育し、樹幹の苔のマットに他の苔に混じって生えている。。 葉に透明細胞があるために、湿っていないときにはこれが白く光を乱反射する。 和名はこの状態を「白髪」に...