山は歩くだけじゃ髄までは満喫できません。楽しみ方の引き出しをガイドはたくさん持っていますが、ガイドもみなさんと一緒のイチ個人。引き出しには限界があります。そして、実はガイドの多くは旅人さんに突如降りてきたアイデアによって引き出しを少しずつ増やしていると言ってもいいぐらい。恥ずかしがり屋の人は、せっかくのアイデアを行動に移さず終わってしまうのですが、それはとても勿体無いことです。屋久島の森や巨石とみなさんの身体が化学反応が起きることで降りてきた「これやったら面白いかも」という直感を実行することは、旅の醍醐味とも言えます。僕はこれまで多くの楽しいアイデアを教えてもらい、それを新たな旅人さんに伝え、そのアイデアがバージョンアップされて僕の引き出しが増えていくという現象を体感してきました。これはとても楽しく、微笑ましく、平和な遊びです。なので、僕のガイドの引き出しは、ほとんど旅人さんからもらったものばかりで、僕というガイドは、これまで出会った旅人さんたちのアイデアのハードディスクみたいなものです。以下、データを紹介していきます。