屋久島に初めて訪れた方で白谷雲水峡のファンになった人は多く、縄文杉より感動したというコメントをたくさんもらっています。汚いイメージしか持っていなかったコケに対する価値観も一変して、コケ好きになる方もまた多いです。その美しき魅惑の森に人が殺到するのは、もはやしょうがない現象です。これまで早朝に出発したり、遅めに出発したりと混み合う時間を避けてご案内していたのですが、やはり同じことを考えてる人は多くて、、、。いっその事1泊してみたらどうだろうと、リピーターさんを誘って行ってみたら、これがたまらなくいいんです。カメラ好きの方にはもうたまらないほど自由な時間がとれます。白谷雲水峡は雨のとても多い森。日帰りだと残念な天気だったとしても2日あればどちらか1日が晴れる確率はぐっと上がります。2日間コケのモフモフに包まれて過ごしたいコケファンにはたまらない内容となってます。腕についたコケの胞子が発芽するかも?! 2日目の早朝の太鼓岩から朝日、これもたまらないですよ。

3月の下旬から4月上旬には山桜の花が咲き乱れます。それに色とりどりの新緑があいまってとても美しい世界が太鼓岩の眼下に広がります(ここ3〜4年は4月上旬に咲いてます)。この景色、独り占めしませんか。

詳細は現在、作成中です。しばらくお待ちください。