タグ: 縄文杉ルートで出会える植物

草木たち
0

コハウチワカエデ

コハウチワカエデ 葉のグラデーションがキレイなコハウチワカエデの紅葉の時期になりました。 コハウチワカエデは、本州、四国及び九州に自生する日本固有のカエデの仲間。ハウチワカエデに似ますが、葉や樹形がよ...

0

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ(蛇苺) 湿気の多い、 ヘビの出そうなところに生えているヘビが食べるようなイチゴとたとえられたことから 「ヘビイチゴ」の名になった。 実の表面はつぶつぶで、毒がありそうな名前ですが毒も無く甘...

草木たち
0

ヘツカリンドウ

ヘツカリンドウ 「いつ咲くかな、いつ咲くかな?」とずっと楽しみにしていたヘツカリンドウの花を今回のトレッキングで今年では初めて見る事が出来ました。 ヘツカリンドウは、九州南部~南西諸島に分布するリンド...

草木たち
0

ノリウツギ

ピラミッド型でアジサイのような花を咲かせる、ノリウツギの花が咲いていました。 ノリウツギは、北海道から九州までの高原や山地に分布するアジサイの仲間で、アジサイとは異なり、背丈が2メートルから5メートル...

羊歯(シダ)
0

ミズスギ

ミズスギ(水杉) ミズスギは山地の明るい切り通しの斜面や湿り気のある道路の法面などに生育するつる性の常緑のシダ植物です。 本来は暖かい地方で生える植物で、北日本では温泉付近の暖かいところなどで例外的に...

キノコ
0

ボタンイボタケ

サンゴのようなキノコが生えていました。 「ボタンイボタケ」というこのキノコ。 地面から扇形の傘を四方に開き、ボタンの花のように成長し、 傘の裏側にイボ状のものがあることが名の由来とされます。 子実体の...

羊歯(シダ)
0

ユノミネシダ

ユノミネシダ(湯ノ峰羊歯) 屋久島の登山道脇で可愛い姿のユノミネシダを見つけました。 先端から新葉を出していつまでも伸び続けるシダで、大きいものは人の背丈を越えるほどになる。 シダは全般に湿った場所に...