タグ: 縄文杉ルートで出会える植物

羊歯(シダ)
0

ミズスギ

ミズスギ(水杉) ミズスギは山地の明るい切り通しの斜面や湿り気のある道路の法面などに生育するつる性の常緑のシダ植物です。 本来は暖かい地方で生える植物で、北日本では温泉付近の暖かいところなどで例外的に...

キノコ
0

ボタンイボタケ

サンゴのようなキノコが生えていました。 「ボタンイボタケ」というこのキノコ。 地面から扇形の傘を四方に開き、ボタンの花のように成長し、 傘の裏側にイボ状のものがあることが名の由来とされます。 子実体の...

羊歯(シダ)
0

ユノミネシダ

ユノミネシダ(湯ノ峰羊歯) 屋久島の登山道脇で可愛い姿のユノミネシダを見つけました。 先端から新葉を出していつまでも伸び続けるシダで、大きいものは人の背丈を越えるほどになる。 シダは全般に湿った場所に...

0

ヒジキゴケ?

  ヒジキゴ(鹿尾菜苔) 乾いた石垣や岩の上白緑色の群落を作っていたヒジキゴケと思われる苔に出会いました。 地衣類のオオキゴケの群落と一緒に生えているところを発見。 乾燥時にヒジキに似ている...

キノコ
0

ムラサキホウキタケ

むらさき色のサンゴのような、ムーミンのニョロニョロみたいなキノコ。ムラサキホウキタケが生えていました。 この変なカタチのキノコを見つけると、僕は何故か和みちょっと嬉しくなります。 ムラサキホウキタケは...

0

ジャゴケ

ジャゴケ(蛇苔) 平たい形の苔類で、ゼニゴケ類は似た姿のものが多て判別が難しいのですがジャゴケは表の模様がはっきりしていて、判別しやすい。 和名は蛇苔で、表面が鱗を並べたように見えるのが由来。 様々な...

0

コスギゴケ

コスギゴケ やや乾燥する日当たりは少しある程度の場所に育ち、森林の中に育つことは少ない。採取すると群落はバラバラに別れる。コスギゴケの群落は、長期間に渡って存続することは少なく、やがて他のコケが優勢と...